【名字】西

【読み】にし,さい,かわち

【全国順位】 242位
【全国人数】 およそ91,200人


スポンサーリンク

【解説】

春日神社神職(中臣氏)、日奉姓西党、清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)、村上天皇の皇子具平親王の子師房にはじまる源氏(村上源氏)、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)、中原氏などにもみられる。京都府天田郡に地名がある。方角や道祖神の祀ってある場所が語源。全国的に多い。
このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

最終更新:2017/07/12 14:39:51  最終更新者:ヤス


※ランキングや人数、読み、解説などの名字データをご利用される場合は、「参考資料 名字由来net」「名字由来netより引用」「出典 名字由来net」などと記載、そしてURLへリンクしていただき、自由にご活用ください。
※引用元の記載なく無断での商用利用(ニュースサイト,Youtubeなどの動画,まとめサイトなど含みます)は利用規約に反するため、問い合わせ窓口にご連絡頂くか、又は「参考文献 名字由来net」のクレジット表記とURLリンクのご協力をよろしくお願いいたします。

西さん みんなの名字の由来
『にし』と読みます。母方の旧姓で、昔はその地域では名のある地主だったそうです。
さらに昔では商家だったそうで、鍋島藩の何代目かは分かりませんが、宿泊をされる場所とも聞きました。
【投稿日】2017/01/22 01:07:02
【投稿者】かなちこさん
「西」という苗字の最古、かつ正統のものは
春日権現・天児屋根命(あめのこやねのみこと)の後裔とされる
中臣氏の一族に始まります。

“大化の改新”で有名な中臣鎌足は藤原氏の祖となり、その子孫は
代々藤原氏を名乗り、藤原氏の大繁栄に繋がりますが、
中臣氏の本系は「中臣」を継承し、殊に鎌足の甥である中臣意美麻呂は
一度藤原を名乗ったのちに、文武天皇より、
「藤原」は鎌足の嫡男・不比等とその子孫のみが継ぐように。
との命を享けて再び「中臣」に復姓したのですが、
意美麻呂の息子・清麻呂が神護景雲3年(769年)、「大中臣朝臣」を
賜姓されて後、子孫は「大中臣氏」を名乗るようになりました。

「大中臣氏」はそののち、朝廷の主要な神社の神官を命ぜられ、
春日神社(大社)、伊勢神宮、枚岡神社、平野神社ほか、多くの神社の
神職をそれぞれ分家分家が務めるようになり、
このうち、春日神社の神主を務めた大中臣恒滝から十二代目の大中臣時継
が、まず「中東(なかひがし)」を名乗っています。近畿の春日神社の
創建年を見ると、年代的にみて相楽郡精華町宮川原の春日神社か大阪府
豊中市の春日神社と思われますが、時継はこの神主に任ぜられ、「中東」
に改姓したのでしょう。
この際の「中東」の所以はおそらく、それ以前に仕えていた賀茂県主を
祖とする「大東」氏の「大」を「中」に変えたものと推測されます。
春日神社の神職は、北郷・南郷・若宮の三派があり、この大東姓は北郷に
属していました。
更に中東時継の孫に時尚という人物が居ました。

平安初期、淳和天皇の退位により、淳和院離宮に隠棲の為に転居し、
天長10年(833年)に離宮の守護社としてこの地に春日神社の西院を建立。
この西院の神職を命ぜられたのが大中臣時尚で、彼はこれを機に「西」の姓を
名乗ったものが、一般的に「西」姓の祖とされています。


また、関東でも
高皇産霊尊(タカミムスビノミコト)の子孫・日奉宗頼(ひまつりの
むねより)が関東に武蔵守として下向し、
多摩地区を拠点に勢力を拡大し、武蔵七党の一つである「西党」の基礎を
築きました。
この「西党」は武蔵国の西部にあったことから名付けられ、宗頼の四男が
「西」の姓を名乗ったようで、その後、日野を中心とした多摩地方に
西氏が土着しています。



他にも「西」姓は日本各地で発祥しており、
列挙しますと――

○平安時代中期の武将で清和源氏六孫王・経基の子である源満仲(みつなか)の
五弟・満快(みつよし)を祖とし、信濃国で繁衍した“清和源氏満快流”にも
「西」姓が発祥しています。
満快の子・行頼の二人の息子のうち、
景行が「東」、行広が「西」を姓としています。

○663年の白村江の戦いにおいて、伊予水軍を率いた越智守興(おちもりおき)
の子・玉澄が伊予国風早郡河野郷(現・愛媛県松山市)に居住し、河野姓を
名乗っていますが、「新田橘四郎小千玉澄」という別称も持っています。
この家系は後に土佐国で福良氏と姓を変えました。
更に福良一族の一部が土佐国仁井田之郷(現在の高知県高岡郡四万十町)に
移住し、祖先の別称「新田(にいた)」から「仁井田」の地名を残しています。
仁井田郷は中世、68の村が属した広大な郷でした。
河野氏の子孫が仁井田の庄司職を代々勤めたことから仁井田庄司と呼ばれ、
東と西に分かれてそれぞれ東氏、西氏と名乗っています。

○高句麗滅亡後に亡命してきた帰化人のうち、元王族の
高麗(こま)→狛(こま)氏は平安時代、南都(奈良)方楽家として、
雅楽の演奏家系となり、平安中期に源政長に従い、吉備津神社に詣でて
秘曲「陵王」を舞った狛則高の次男・則季の孫・季時が「西」姓を
名乗っています。

○古代より脈々と肥後国の一の宮の大宮司職を務めてきた名家・阿蘇氏の家臣に
西氏かありました。

○藤原氏秀郷流大友氏の南北朝時代の守護大名・大友氏時の三男、親国が
「西」姓を名乗っています。

○安寧天皇の第三皇子、磯城津彦命(しきつひこのみこと)が源流とされる
公家・中原氏の後裔にも「西」姓が居ます。


などの諸氏があります。
【投稿日】2016/06/12 02:27:46
【投稿者】にしま さん
「にし」です。
【投稿日】2016/05/23 14:33:00
【投稿者】TAM さん
みんなの名字の由来 投稿
「みんなの名字の由来」に書きこむには、ログインが必要です。
 
西さん みんなの家紋のはなし
まだ西さんの「みんなの家紋のはなし」がありません。

 

※名字の順位・人数は2017年10月時点の政府発表統計および全国電話帳データを元にルーツ製作委員会が独自に算出したものです。
※名字由来netは政府発表統計や独自調査により得られたデータから、日々変化する日本人の名字の人数を日本で唯一算出しております。
※名字の推計人数は四捨五入して掲載しているため、各都道府県の合計人数と全国人数は一致しない場合があります。また、推計人数が少ない名字につきましては、一律「およそ10人」としています。
※名字の専門企業が算出している日本唯一の名字オリジナルデータですので、ご利用になりたい法人やマスコミの方々はこちらよりお気軽にご相談ください。

※解説欄に「詳細不明」等と記載されている場合でも、「読み」や「有名人情報」が更新された際「新着・更新」名字欄に掲載されます。

※名字の情報を欲しい方は「情報求む」ボタンを押してください。「情報求む」欄には最新10件のみ表示されますので、定期的に確認いただき更新されることをお勧めします。
名字について詳しい情報をお持ちの方は、「名字の情報を送る」より名字の情報をお書きのうえ、送信ください。お送りいただいた情報はルーツ製作委員会にて精査し、名字の解説として掲載させていただくことがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINEで送る

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*
 

最近検索された名字

勢藤  熊南  猪原  鈴木  清水辺  大曽根    久保  毛受  浅里  赤司  福家  扇喜  仲次  埴岡  西山  宇津恵  相崎  老伽  赤星  伏見  躑躅森  眞田  由良  太田  有働  中野  綿貫  田平  徳富  種子田  関川  金森  冨士  間中  山口  阿弥  釜浦  金指  一柳  相馬森  京戸  久江田  本間  村主  田中  高塚    明石  桒畑  伊藤  鬼丸  深佐  成田  竹蓋  加冶    河尻  馬宮  須之内  石原  大鋸本  香月    福冨  藤堂  日向  佐久間  高橋  細呂木谷  櫃本  茜ケ久保  豊饒  望山  箸尾谷    片桐  密山  瑞光  雲然  東海林  土屋  甘粕  一番合戦  平形  大竹  徳浜  小池  合口  永水  宮浦  運勢  宮師  邦岡  中埜  土佐岡  窪薗  鎌坂  早矢仕   


家紋検索

調べたい家紋の名前や戦国武将・大名の名字を入力してください。

 
 


 

約30万種あるとされる日本人の名字の中で
1月18日最も幸運な名字はこちら
名字別の運勢はこちら

当サイトは多くのユーザー様に広くご自分や身近な方の名字の由来を知って頂くことを目的としておりますので、「情報の流用や加工を目的とした不正なアクセス」「他の文献等の内容を無断転載する」「不正なIPアドレス」 「同一人物が他人を装い、いくつものアカウントを使用し、不正なアクセスや当サイトに混乱をきたすような行為」「他サイトなどで根拠のない誹謗中傷などが発見された場合」 など左記はごく一部ですが、利用者に混乱をきたすと判断された場合は、データ保護の観点により、アクセス禁止措置、更に迷惑行為と判断し、法的措置を取らせていただく場合がございますので、ご了承ください。
名字由来net主席アドバイザー髙信幸男氏および代表:小山和子への取材等につきましてはこちらからご連絡ください。

名字検索

次に検索したい名字を入力してください。

*